インバータエミュレータ
インバータエミュレータとは、
モータを評価する際に本来必要となるインバータを模擬し、モータを駆動させる交流電源試験装置です。 UNICOのインバータエミュレータでは、IM、SPM、IPMなど貴社の試作モータから製品モータまで様々なモータを回します。 汎用インバータの持つ機能だけでなく、変調可能であり、対象モータの様々な性能を引き出すハイスペックインバータです。 インバータ専業メーカだからこそできる多様なラインナップを展開しております。
特長
1. 電流周波数最大1,333Hz
  8極モータの場合、最高20,000rpmまで
2. 正弦波、矩形波のみならず、過変調も可能です。
3. 進角制御も可能です。
4. 高電圧690Vまで対応できます。
5. IPM、同期リラクタンスモータでも対応できます。
主な対象モータ
1. IM(誘導モータ)
2. SPM(表面貼付永久磁石同期モータ)
3. IPM(内部埋込永久磁石同期モータ)
4. 同期リラクタンスモータ
※その他のモータにも対応可能です。
試験モード
1. CCCVモード :定電流(CC)、定周波(CF)運転
2. Iθ(進角)モード:電流(I)、進角(θ)運転*1
3. トルクモード
4. 速度モード
  *1 Id、Iq設定に変更することも可能
  IM、SPMでは、界磁弱め設定(基底回転、誘起電圧定数)になります。
仕様
オプション
インバータエミュレータ単体だけでなく、バッテリーシミュレータやテストスタンドと組み合わせて、1つのシステムとして提案することも可能です。
それぞれの仕様については、各製品ページを御覧下さい。