TODAレーシングはF4とSFJレースにレーシングエンジン、FIGHTEXダンパー、レーシングギアボックスを供給しています。

 


--- 日本F4協会公式ページからの引用 ---
「F4は、FJ1600とF3の間を埋めるカテゴリーとして1993年に誕生しました(当初は『FJJ』と称されていました)。

当時、FJ1600からのステップアップカテゴリーとして位置付けされていたF3はハイレベル化が進み参戦コストが高騰、コストギャップの拡大からステップアップが非常に困難な状況となっており、ドライバーやプライベートチームに大きな負担と困難をもたらしつつありました。

このような時代背景のもと、より多くの人が参加できる本格的フォーミュラを−!! の声に応えるべく、F4は誕生したのです。

シャシーはF3をベースとした本格的なものですが、ローコストを重視するために高価な材料の使用を極力禁止し(※)、主要部品は認定制度として価格規定までをも採用した結果、コストの低減と同時にイコールコンデション化を実現しました。

タイヤは12年間続いたヨコハマ製からダンロップ製ワンメイクとなりました。

パフォーマンスはF3とほぼ同等で、マシンセッティングもF3同様に自由に出来ることから、ドライバーにとってもレーシングメカニックを目指す若者達にとっても経験の蓄積に大変価値があるものになります。

以上のようなパッケージをまとったF4、その性能はラップタイムがF3の約90%、コストがF3の約1/3と、“高性能のフォーミュラレースを安全性を損なわずに安い費用で”とのコンセプトをこの上なく明快に表わしているといっていいでしょう。

近年、F4の参加層はひろがりを見せ、ステップアップをめざす若いチャレンジャーに加えて、経験とドライビングテクニックに長けた、そしてフォーミュラレースに生き甲斐を持たれている方々の参加が増えつつあります。

そのことがまたF4レースを内容の濃いものにしています。また、特認ライセンスにより16才からの参加が可能で、10代の選手が大活躍するなど、F4は再び、若手ドライバーの育成カテゴリーとしても注目されています。」

※2010年度からレギュレーションが改変され、モノコックにカーボン・コンポジットの使用が認められることになりました。




--- J.S.S公式ページからの引用 ---
「1980年にスタートしたFJ1600レースも26年を経過し、長期に亘り供給されたスバルエンジンも生産中止後10数年が経ち、遂にエンジン在庫も底をついた状況です。 FJレースは最も安価に出来る本格的フォーミュラレースであり、過去、多くの優秀な若手ドライバーを育成したカテゴリーです。そのFJレースを継続すべく、エンジンも新たに、そして、シャシーレギュレーションも安全性をはじめとして、今後を見据え各部の見直しを計り、スーパーFJとしてスタートすることになりました。こうして、規則上からは別カテゴリーとなり、新たなレース始まりの印象を与えますが、あくまで、FJの継続カテゴリーとして計画されたものです。

FJ1600からスーパーFJレースへの切り替えはソフトランディングを目指しており、2〜3年をかけて、スーパーFJが主体となるよう考えられています。初年度にあたる2007年はシリーズにより、単独開催あるいはFJ1600と混走でレースが組まれております。 因みに、スーパーFJの性能はFJ1600とほぼ同レベルと考えられます。」



スーパーFJ情報が満載のデジタルマガジン「SFJ Magazine」がiPadでご覧頂けます。
FJ協会が配信するこの「SFJ Magazine」は購読料無料のマガジンで、国内フォーミュラレースの入門カテゴリー「スーパーFJ」にフォーカスを合わせたデジタルマガジンです。
※アプリケーションのダウンロード方法はこちらをご覧ください。



F4用レーシングエンジン(旧型)
ベースエンジン HONDA B18C
最大出力(PS/rpm) 170ps以上/6600rpm
最大トルク(kg/rpm) 22.5kg・m以上/4600rpm
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量 1796cc
内径×行程 81.00mm (STD)×87.2mm
JAF認定インダクションBOX
(25mmエアリストリクター付)
F4用レーシングエンジン(新型)
ベースエンジン HONDA K20A
最大出力(PS/rpm) 170ps以上/5700rpm
最大トルク(kg/rpm) 25.0kg・m以上/4750rpm
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量 1998.2cc
内径×行程 86.00mm (STD)×86.0mm
JAF認定インダクションBOX
(25mmエアリストリクター付)

Super FJ用レーシングエンジン
ベースエンジン HONDA L15A
最大出力(PS/rpm) 130ps/7000rpm
最大トルク(kg/rpm) 16.2kg・m/4500rpm
種類 水冷直列4気筒SOHC16バルブ
総排気量 1496cc
内径×行程 73.00mm (STD)×89.4mm
 
   
F4/SFJ用FIGHTEXダンパー(Type FS)
タイプ FS
定価 ¥216,000/台
※詳細は製品案内ページをご確認ください。
F4/SFJ用FIGHTEXダンパー(Type ST)
タイプ ST
定価 ¥320,000/台
※詳細は製品案内ページをご確認ください。

F4/SFJ用ID36スプリング
バネレート(lb/inch) コードNo.
350 51401-375-36-350
400 51401-375-36-400
450 51401-375-36-450
500 51401-375-36-500
550 51401-375-36-550
600 51401-375-36-600
650 51401-375-36-650
700 51401-375-36-700
バネレート(lb/inch) コードNo.
750 51401-375-36-750
800 51401-375-36-800
850 51401-375-36-850
900 51401-375-36-900
950 51401-375-36-950
1000 51401-375-36-1000
1050 51401-375-36-1050
1100 51401-375-36-1100
内径 ø36
自由長 3.75inch
定価 ¥6,000/本
※詳細は製品案内ページをご確認ください。
 
「現在販売に向けての実走行テストを行っています。」
 
SFJ サーキット別推奨基準ギアレシオ  
岡山国際サーキット 鈴鹿サーキット
  ギア 備考 Ratio 定価(税別)
1st 12/31 現行   2.583 ¥42,500
2nd 13/27 別売   2.077 ¥20,000
3rd 16/26 別売 筑波と共通 1.625 ¥19,000
4th 19/26 別売 筑波と共通 1.368 ¥19,000
5th 19/22 現行4th   1.158 ¥19,000
  ギア 備考 Ratio 定価(税別)
1st 12/31 現行   2.583 ¥42,500
2nd 14/26 現行   1.857 ¥20,000
3rd 16/23 現行   1.438 ¥19,000
4th 18/22 別売   1.222 ¥19,000
5th 25/26 現行   1.040 ¥19,000
>>車速グラフ画像を開く >>車速グラフ画像を開く
>>サーキットのウェブサイトへ >>サーキットのウェブサイトへ
   
ツインリンクもてぎ 筑波サーキット
  ギア 備考 Ratio 定価(税別)
1st 12/31 現行   2.583 ¥42,500
2nd 15/30 別売 筑波と共通 2.000 ¥20,000
3rd 17/26 別売 オートポリスと共通 1.529 ¥19,000
4th 19/25 別売 オートポリスと共通 1.316 ¥19,000
5th 24/26 別売 オートポリスと共通 1.083 ¥19,000
  ギア 備考 Ratio 定価(税別)
1st 12/31 現行   2.583 ¥42,500
2nd 15/30 別売 もてぎと共通 2.000 ¥20,000
3rd 16/26 別売 岡山と共通 1.625 ¥19,000
4th 19/26 別売 岡山と共通 1.368 ¥19,000
5th 19/22 現行4th   1.158 ¥19,000
>>車速グラフ画像を開く >>車速グラフ画像を開く
>>サーキットのウェブサイトへ >>サーキットのウェブサイトへ
   
富士スピードウェイ オートポリス/SUGO
  ギア 備考 Ratio 定価(税別)
1st 12/31 現行   2.583 ¥42,500
2nd 14/26 現行   1.857 ¥20,000
3rd 16/23 現行   1.438 ¥19,000
4th 19/22 現行   1.158 ¥19,000
5th 25/25 別売   1.000 ¥19,000
  ギア 備考 Ratio 定価(税別)
1st 12/31 現行   2.583 ¥42,500
2nd 14/26 現行   1.857 ¥20,000
3rd 17/26 別売 もてぎと共通 1.529 ¥19,000
4th 19/25 別売 もてぎと共通 1.316 ¥19,000
5th 24/26 別売 もてぎと共通 1.083 ¥19,000
>>車速グラフ画像を開く >>車速グラフ画像を開く
>>サーキットのウェブサイトへ >>サーキット(オートポリス)のウェブサイトへ
  >>サーキット(SUGO)のウェブサイトへ
   

SFJ ギアレシオ一覧
  ギア レシオ 推奨サーキット 備考
岡山国際
サーキット
鈴鹿
サーキット
ツインリンク
もてぎ
筑波
サーキット
富士
スピード
ウェイ
オート
ポリス
1st 12/31 2.583 現行1st 新品購入時装着品
2nd 13/27 2.077              
15/30 2.000            
14/26 1.857       現行2nd 新品購入時装着品
STD
(3rd/4th/5th)
16/26 1.625            
17/26 1.529            
16/23 1.438         現行3rd 新品購入時装着品
19/26 1.368            
19/25 1.316            
18/22 1.222              
19/22 1.158       現行4th 新品購入時装着品
24/26 1.083            
25/26 1.040           現行5th 新品購入時装着品
25/25 1.000              
注意:上記記載のギア数値はあくまで推奨数値です。
(SFJマーク入りであればどのギアをご使用いただいても構いません。)
・「現行」とは新品T/Mに組み込んで納入している物で、5速は25/26となります。
※2010/2/6出荷分より、現行5速が25/25から25/26に変更になりました。 ご注意ください。
 

レーシングギアボックス・メンテナンス
サービス内容 工賃定価(税別) 通常納期
メニュー@:ベアリングキャリアO/H
  内部主要パーツ ミクロチェック又は磁気探傷チェック ¥40,000+パーツ代 弊社到着後2日
セレクターロッド 曲がり修正・バリ取り加工等
ロックボールSPG 点検・交換・内面取り等
ベアリング 点検・交換
セレクターフィンガー部 B/C点検・交換・シール交換
インターロックピン 点検・交換・研磨等
シフトフォークセット位置 点検・調整
シフトフィーリング 向上・操作荷重低減加工等
メニューA:ピニオンリングギア交換
  内部主要パーツ ミクロチェック又は磁気探傷チェック ¥80,000+パーツ代 弊社到着後3日
ピニオンベアリング 点検・交換・ピニオンハイト調整
リングギア 点検・交換・デフ位置調整・プレロード調整・バックラッシュ調整
サイドベアリング 点検・交換・シール交換
サイドフランジ 点検
メニューB:ギアボックスフルO/H (ケース交換等)
  @+Aを含む ¥100,000+パーツ代 弊社到着後4日
メインドライブシャフト ミクロチェック又は磁気探傷チェック・曲りチェック
レリーズシリンダーチェック Oリング交換
メンドラ シール交換・ベアリング点検・交換
※作業内容により納期変動することがあります。 事前に電話確認等行ってください。
 
レーシングギアボックス・加工サービス
加工サービス内容 工賃定価(税別)
@:F4/RS/S-FJ デフ下オイルドレインボルト(マグネット付き)の取り付け加工
  鉄粉吸着によりパーツへのダメージ軽減とデフ下のオイルの抜き取りが可能になります。
S-FJ T/M番号001〜082対象 
※083以降のT/Mには標準採用しております。
部品番号: A1-005-107 マグネットドレインボルト ¥2,200
A1-005-108 ワッシャー アルミ Ø12 ¥150
取り付け追加工代 ¥6,000
A:F4/RS 全車オイル栓ボルトサイズアップ加工 M10→M20
  サイズアップによりオイル注入時間の短縮。
サイズアップにより車体の改造が必要になる場合があります。 車体メーカーにご確認ください。
部品番号: A1-005-016-1 栓ボルト M20×1.5 ¥1,600
A1-005-017-1 ワッシャー アルミ Ø20 ¥150
取り付け追加工代 ¥6,000
@とAを同時加工の場合は追加工代を¥10,000にて行いますのでご利用下さい。
注意:価格はメインケースのみの状態になっている物を加工する場合の金額です。
T/Mメンテナンスのついでにご利用下さい。